筑波大学学生相談室

ご相談を希望される方へ

総合相談窓口について、FAQ方式でご紹介します。ご質問等がありましたら、相談時に担当カウンセラーにお気軽にお尋ねください。

 

1.総合相談窓口は、どんなところですか。

皆さんのご相談をカウンセラーがお聞きして、どうしていったらよいかを一緒に考えます。経験豊富な筑波大学の事務職員も近くにいますので、事務手続き等学生生活上のちょっとした疑問についても、お尋ねいただいて大丈夫です。
筑波大学には様々な相談部門がありますが、「自分の問題の場合、どこへ行ったらいいかわからない」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。そういう場合は、総合相談窓口で問題を整理し、解決の役に立ちそうな相談部門をご案内します。

 

2.どんな人が利用できますか。

筑波大学の学生(学群生・大学院生・研究生)に利用していただけます。また、ご家族や教職員の方が、筑波大学の学生に関して相談することもできます。

 

3.利用するにはどうすればいいですか。

予約や事前の手続きなどは必要ありませんので、直接ご来室ください。ただし、おいでになったときにカウンセラーが別の相談に対応中の場合は、しばらくお待ちいただくことがあります。また、相談前に申し込み用紙へのご記入をお願いしています。

 

4.相談にお金はかかりますか。

いいえ、料金はかかりません。

 

5.相談時間はどのくらいですか。

原則として、一回最大30分までとなっています。

 

6.複数回利用することはできますか。

はい、ご利用いただけます。相談自体は原則として一回で完結する形になりますが、アドバイスを試してみたけど問題が解決しない、状況が変わったといった場合には、どうぞ再度ご利用ください。ただし、前回とは違うカウンセラーが担当する場合もありますので、ご了承ください。

 

7.電話やメールで相談はできますか。

電話相談はお受けしています。対面でお話をすることで、言葉のやり取り以外にも伝わることが多くありますので、なるべくご来室いただければと思いますが、多忙で時間が取れない、遠方にいるといった場合は、電話でご相談ください。電子メールを用いた相談は行っていませんので、ご了承ください。

なお、新型コロナウイルス感染症への対応のため、対面での相談を実施していない場合があります。「最新のお知らせ」にて、現在の相談体制をご確認ください。

 

8.秘密は守ってもらえますか。

総合相談窓口では、個人情報や相談内容についての秘密を厳守します。相談を利用したという事実や、相談で話された内容を、相談者ご本人の了承なく第三者に伝えることはありません。
ただし、自傷他害の恐れがある場合や緊急を要すると判断した場合は、例外的に、ご本人の同意が得られなくても、関係者に必要な範囲に限定した情報を開示し、連携する場合があります。
また、新型コロナウイルス感染症への対応に関して、万が一スタッフや来室者に感染者が発生した場合は、クラスター対策のために、来室された方の氏名等の情報を必要な場所に提出する可能性があります 。

 

9.匿名の相談はできますか。

はい、匿名相談も可能です。効果的な支援の方法を考えるため、カウンセラーからお名前やご所属などをお尋ねする場合もありますが、答えたくない事情がある場合は、遠慮せずその旨をお伝えください。

 

10.教職員です。学生のことで相談をしたいのですが、相談したことは本人に伝わりますか。

いいえ、教職員の皆様からのご相談も、秘密を厳守します。安心してご相談ください。

 

11.保護者です。子どもの大学での状況について、教えてもらうことはできますか。

お子様の大学での様子や取得単位等の状況について、総合相談窓口でお伝えすることはできません。ご心配されていることをお伺いして、解決のためにできそうなことを一緒に考えたり、学内の担当部署等をご案内いたします。